ヴァータの季節

秋も深まり、本格的な「ヴァータ」の季節です。

アーユルヴェーダ的には、晩秋から冬にかけては運動エネルギーの「ヴァータ」と
いわれるエネルギーが増えやすい時期です。

人間の体の中では運搬と循環の働きをしていて、増えすぎると
冷え、肌の乾燥、疲れ、不眠などの症状がひどくなります。
精神的には、不安感、焦り、地に足が着かない感覚などがその症状として出てきます。

「冷え、乾燥、活動過多」この3つが更にヴァータエネルギーを増やすので、
体を温め、乾燥を防いで、ゆったりすることで調整しましょう。
一日忙しく動いたときには、夜にすこしのゆったりタイムを作ってみてください。
アロマバスにゆったりがおすすめ☆

<ヴァータを調整する(減らす)ヨガのポーズと香り>
前屈系(落ち着きを取り戻す)、逆転系(循環をよくする)、ゆっくり動くビンヤサ

お花系、ウッド系、柑橘系
先日試してみたお勧めのブレンドです→サンダルウッド、ゼラニウム、レモン

あったかくして、少しゆったりしてみてください


スポンサーサイト

カパとは?

カパは結合のエネルギー。体内での働きは肉体の構造や体力維持、免疫力や抵抗力の維持を行います。

春から梅雨にかけて、朝6時~10時と夜6時~10時、
湿気が多く冷え込む日などにカパが増えやすくなります。

あらゆるものと結合して安定する性質を持っています。

カパが増大すると、体液の滞留、アレルギーなどの症状に主に現れます。鼻水や鼻づまり、痰などの症状、アレルギー性皮膚炎や鼻炎、花粉症、気管支喘息などもその証拠。

精神的には、何事もおっくうになり、やる気が出ないといった状態になります。

「刺激不足」「冷え」「湿気」がカパを乱す3大要素。

だらだらした生活、寝すぎ、運動不足に気をつけ、様々なことに興味を持つなど心と身体に刺激を与えること、湿気を遠ざけ、体を温めることをしてあげましょう。

ピッタとは?

ピッタは熱のエネルギー。体内での働きは肉体に熱を起こし、新陳代謝を行ないます。

季節は夏から初秋にかけて、時間帯は昼の10時~2時と夜の10時~2時、暑い日、日差しが強い日などに増えやすくなります。

ピッタが増大すると、イライラがひどくなり、批判的、攻撃的になることもあります。身体的には、血圧、血糖値の上昇。胃酸過多、胸焼け、口内炎などの消化液の増大による消化器系の不調が表れます。さらに目の充血、喉の渇き、若白髪、若禿げなどの症状が出ることも。

ストレス、熱、興奮がピッタを乱す大きな原因となります。

心身への過剰な刺激、熱を上げることを避け、心身ともにクールダウンさせることが回復につながります。溜まったストレスは一度発散させて、ストレスを溜めないよう心がけましょう。お酒やタバコなどの刺激物も避けましょう。

ヴァータとは?

ヴァータは運動のエネルギー。イメージとしては風のように動き回るエネルギー。
体内における運搬や循環を行います。

季節は晩秋~冬に、時間帯は昼の2時~6時と夜中の2時~6時に、気候は風の強い日などにヴァータが増えやすくなります。

多忙なスケジュールをこなしているとき、頭をフル回転させたとき、環境が変化したときなどにも増大しやすくなります。
ヴァータが増大すると、乾燥、冷え、不眠、便秘などの症状が表れます。メンタル面では、落ち着きが無くなり、焦り、不安感などが強まります。些細なことが気になるといった神経過敏な状態になることも。

冷え、乾燥、活動過多がヴァータを乱す大きな原因となります。

体を温め、乾燥を防ぐこと。ペースダウンして体を休ませ、神経をリラックスさせることが回復につながります。
プロフィール

Tomoko

Author:Tomoko
ヨガ愛好家でインストラクター。心も体もエネルギーでいっぱいにして活力を与えてくれるヨガはとても奥深くて魅力的なもの。その魅力をたくさんの人にも味わってもらいたいと願っています☆
<場所>文京シビックセンター内区民会議室、アカデミー文京内
<日時>火曜夜、木曜夜、土曜午前、夕方に開催
(詳細は、月のスケジュールをご確認ください。)

お問い合わせ・ご予約→tomoons@hotmail.co.jp
(Tomoko)

<参加費用> 
体験1000円
1回1500円
5回チケット5500円(有効期限なし)
<持ち物> 
動きやすい服装
あればヨガマット

<Reiko先生連絡先>
reikoshanti@yahoo.co.jp
<Makiko先生連絡先>
polomaki@hotmail.co.jp
<Kyoko先生連絡先>
kyococochiyoga@gmail.
com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR